いつの間にか消えた

どこともしれない闇夜に

白雪は人知れず幾重にも重なり

いつしか開いた雲のすきまから

覗いた月明かりに照らされる

b0127073_13592590.jpg


手のひらに偶然舞い降りた結晶

その一瞬の冷たさを

緻密で繊細な夢のような美しさを

記憶の中にとどめようと

静かに目を閉じる

その間にすべては

陽炎 稲妻 水の月。。。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2009-05-11 00:00 | 私の心とその周辺
<< 8フィートの週末 個人的な雑誌1 >>