私の心とその周辺

いつものように片岡さんの本から抜粋したことがらをブログに書くために、設定という文字をクリックし、開いたページをなにげなくながめていると、左下のほうに「大切な思い出をブログから一冊の本に」という言葉を見つけた。
何度か見かけていたはずだったが、ふと思い立って、そこをクリックしてみた。
すると、自分のブログを本にしてくれるという記事がそこに紹介されていた。
一冊からでも作れるということだったので、気まぐれに一冊作ってみようかと思いたち、実行することにした。

b0127073_11362993.jpg


最初は、すべての記事を本にしようかと思ったが、すぐに考え直し、「私の心とその周辺」だけにすることにした。
自分が書いたものを自分で編集する気分は、照れくさいような楽しいような不思議な気持ちだった。
読み直していくうちに、これは直したほうがいいかなと思う部分もたくさんあったのだけれど、直さずにその時の自分の気持ちをそのまま忠実に本にしてみたくなった。
だからそうすることに決めて、数日かけて本にする作業を終えてMybooksというところにお願いをした。

b0127073_11371632.jpg


b0127073_11374076.jpg


b0127073_11375858.jpg


しばらくすると、郵送で自分のもとに薄い一冊の本が送られてきた。
封を開けて、作ってもらった自分だけの一冊を手にとってながめた。
光沢のある表紙には、自分で撮った風車の写真があった。
この写真は、片岡さんがFree&Easyのエッセイに載せてくださった写真だ。
私が送った何枚かの写真を片岡さんがご自分で並べて何枚か撮り、それを使ってくださったのだ。
そのエッセイを読んだ時のことは今でもはっきり覚えている。
読み始めると心臓の鼓動が高まっていくのが感じられたと同時に本を持っている手が心なしか小刻みにふるえているように思えた。
しかし、読みすすめるうちに、どこか第三者的な感覚に自分が変化していき、落ち着きをとりもどしていった。

b0127073_1144503.jpg


この風車の写真を見ると、撮った時の自分の心の動きも思い出す。
白い雲が風車の後ろに、まるくあえてそうしたように浮かんでいて、その右上にはぽっかりと真昼の小さな白い月が浮かんでいた。
心の中で、わぁと叫んだ私はおそらくはたから見たなら、満面の笑みを浮かべていただろう。
そしてその様子を永遠に残しておきたくて私はすかさずシャッターを押したのだった。

その写真を表紙に使った自分だけの本を一冊私は作った。

ここで、ひとまずブログは休もうと思ったので、そうしていたけれど、ブログに書いていない片岡さんの本はまだまだ私のもとに大量にあるし、片岡さんも次々にたくさんの本を出版されている。
どうやらまた私にブログを再開する気持ちが出てきたようだ。
また、心のままに。
[PR]
by space_tsuu | 2015-06-17 00:00 | 私の心とその周辺
<< その日はじめてのコーヒー 恋愛小説3 >>