メントール・ユーカリプト

去年、初夏の雰囲気に移行しつつある雨の日、尊敬するひとりの女性から詩集をいただいた。いくつかの色違いの中から好きな色を選んでもいいと言うので、私は迷うことなくブルーを選んだ。
左右に開くと、ページが戻ることなく、しっかり開けることができるように、特殊な綴じ方がされている。
この『メントーメ・ユーカリプト』とという詩集は、『yours(ユアーズ)』の中の詩から、何編か選んでおさめられている。しかし、内容は微妙に違っていたり、『yours(ユアーズ)』にはない詩もある。
時々、このふたつをながめながら、違う箇所を探すと楽しい。

b0127073_1865344.jpg


ちなみに、ブルーに関する詩をふたつ載せてみることにしよう。

『メントール・ユーカリプト』

「ブルーを選んだ」

ほんのりとブルー

ごく一時的なブルー

とても小さなブルー

いろんなブルーの扱いかた

ミッドナイト・ブルー

ブルー・マイナー

ブルー・イン・グリーン

回想のスカイ・ブルー

もっと深いブルーを。

ブルーに巻き込まれ

ブルーな世界です

すべてを知った青い色

私はブルーにします

私の心の色。

--------------------
b0127073_187124.jpg


『yours(ユアーズ)』

「ブルーは心の色」

私はブルーを選んだ

ブルーは心の色

ティファニー・ブルー

アイシャドーのブルー

ブルーなメロディ

いつものドライ・クリーナーのブルース

そしてたいていは、フィーリング・ブルー

ニュアンスとしてもブルー

終点ですって

ベイビー・ブルー。

『メントール・ユーカリプト』では、途中と最後に「。」があり、『yours(ユアーズ)』では、一番最後にだけ「。」がついている。
[PR]
by space_tsuu | 2007-02-14 00:00 | 詩集
<< 彼らがまだ幸福だった頃 頬よせてホノルル >>