友よ、また逢おう

表紙の写真は大谷勲さんだ。一見モノクロのように見えるが、空は淡い水色で、「MAT'S SHOE SURVICE」という看板はレモンイエローに塗られている。その看板の右下にはロングエンジニアブーツがぶらさがっている。

10代で初めて人を殺して、21才の時に、友人であるパット・ギャレットに射殺されるまで、21人もの人を殺したという伝説を持つビリー・ザ・キッドの話をストーリーにしたのがこの本だ。史実に忠実ではないにしろ、時代に関しては飛躍はないと、あとがきに書いてある。
今までの片岡さんの様々なエッセイを思いおこすなら、これは片岡さんらしい一冊なのではないかと思う。アメリカでの片岡さんの体験が時代を越えて、このストーリーの中に織り込まれているのではないだろうか。

b0127073_17415239.jpg


「おまえはひとりで先へ進むがいい」
「そうする」
と、こたえたビリーに、ギャレットは右手をさしだした。二人は、ごくみじかい握手をかわした。
「いったいこれからおまえはなにをしたいのか、ひと言、聞かせてくれ」
「これからさきの日々を、ひとつずつ、しかも順番に、生きていく」
「それ以外に方法はない」とギャレットは言った。

この部分を読みながら、この台詞は片岡さん自身のことなのではないかと、ふと思った。そして、私も自分自身に対して同じ質問をしてみたが、とっさには答えは見つからなかった。




ビリー
母親
ふたりの兄
義理の父

牛舎の三人の男たち
ナヴァホ・インディアンの羊飼い
パラという村の人たち
三人のインディアン
盗賊たち
馬車に乗った男と三人の女性とひとりの子供
クラレンス
女たちと黒人の男
モーリス
サンドヴァル
プレズビテリアンの牧師(バイナム)
保安官のギャレット
フィドルを弾く男
ネミロ・ベヴァリー・ステビンス
マクスイーン
ミセス・マクスイーン
キットル
キットルの兄
召使いのメキシコ女性
アパッチの男
ブレイハン
黒い髪のインディアンたち
フロイド
アルネラ
ビール
ビスケット
干したビーフ
干パン
乾燥した豚肉をもとにもどしたものと豆とをいっしょに煮たもの
ウイスキー
一杯のコーヒー
干パン
かちかに干した小さな野生のリンゴ
豆を豚の油でいためて煮たもの
チリー・トウガラシとミートボールを煮たアルボンディガ
豆を甘く煮たもの
豚の肉を薄く小さく切り、油でかりかりに上げたもの(チカローネ)
干パンと干したアンズ
ホウレン草の罐づめ(罐切りで罐を開け、塩を入れた皮の袋から塩を指さきにひとつ
まみホウレン草にかけ、指でよくかきまぜ、すくうようにして食べた)
コーヒー
フリーホール(ベーコンの脂がぎらぎらとういているスープのなかで、ささげ豆を煮
込んだもの。チリー・トウガラシがたっぷりときかせてあるので、スープは赤い土を
溶いたような色をしている。)
トルティラス(乾燥させたトウモロコシを砕いて粉にしたものでモチをつくり、それ
を薄くのばして丸いかたちにのばし、焼いたもの)
山羊の乳を入れたコーヒー
チキンのから揚げ
パンとコーヒー、ラバの肉をつかったフライド・ステーキ
ほし肉
ベーコン
ラバや鹿、かもしかの肉
ヘッジホッグ・サボテンの果肉
1インチほどの厚さのステーキ
丸くふくらんだ大きなジャガイモ
豆とトウガラシをベーコンの油で煮こんだもの
アップル・パイとコーヒー
サワードウ・パンケーキに糖蜜
太いソーセージ豆のような畑にできたもの
バッファローの皮でつくった上着
ホームスパンのウールのズボン
ウールの足首まである下着
グレイのフランネルのシャツ
へちまえりのバックスキンのヴェスト
黒いウールのスーツ上下
バッファローの皮でつくったポンチョ
三重にした油紙を二枚のバッファローの皮にはさみこんでぬいあげた防水袋
レミントン・ニュー・モデル・アーミー
・44口径のスミス・アカド・ウエッスン・ニューモデルNo.3
・44口径のピストルに使用できる二一八グレイン(一〇グラム足らず)のセンター・ファ
イア弾丸(セミ・スモークレス)
シャープスのバッファロー銃
ピースメーカーの銃弾
・45口径の新型のコルト・シングル・アクション・アーミー(弾丸はセンター・ファ
イア)
ウインチェスター73
ウインチェスター66のサドル・カービン(連発式のライフル)
45-・60口径のシャープス・ライフル
濶葉樹を焼いて灰にし、その灰を水に溶いてこしたアルカリ液を羊の脂肪にまぜてつ
くった石けん
刃渡り九インチのナイフ
箱にはいったマッチ
羊の脂を木型のなかに流しこんでつくったローソク
ポンデローサやエングルマンなどの松
ヘアベルの花
杜松
糸蘭の草
チョーカと呼ばれるサボテン
楢や杉の樹
柳の樹
ニセアカシアや松の樹
メスキートの潅木
クレオソート草
牧草のグレイマ草
オコティーヨ
ソトル
サボテンのプリックリー梨
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-21 00:00 | 赤い背表紙(中編)
<< 夜という宇宙空間 ある一瞬の物語 >>