午後の海とブルーハワイのラムネ

ことしの春は例年に比べて肌寒い日が続いていたので、夏の恋しい暑さはまだまだ先なのかと少し寂しく思っていたが、今日は朝からまるで夏の日の雰囲気が漂っていた。
どこで鳴いているのか、カッコウの声が近くに聞こえていた。声のする方向を探してもカッコウの姿は見えず、ほっこりとしたと形容したくなるような声だけが程よい感覚で心地いいBGMのように続いていた。目を閉じるなら、自分は夏の日の高原の別荘にでも遊びに来ているのだと想像することができた。

青い空を見ていたら、ふと露天風呂に入りたくなり、私は車をオープンにし、時おり空をながめながら新しくできたビジネスホテルと天然温泉がひとつになった場所に向かった。浴場は結構広く、様々な内風呂が5つと露天風呂が5つあった。「ごろりん湯」という名前の露天風呂は頭を岩の枕に乗せて仰向けになることができた。仰向けになり、空を見上げると、薄い透明のビニールでできた屋根によって空は遮られ、青空を見ることはできなかった。少しがっかりした気持ちで風呂からあがり、身支度を整え再びオープンカーに乗った私は、無性に青空を心ゆくまでながめたくなった。そして、青空を見るために暑い日ざしの中をオートバイを走らせることにした。

b0127073_17135352.jpg


国道を南下すると右に海が見えるルートを走った。午後の日ざしの中では海は青いというよりは白っぽく、光を反射してキラキラと輝いているのを見ることができた。
20分くらい走るとダミーの風車のある「道の駅」が見えてきた。ウィンカーを左に点滅させ、国道からそこに向かう道路に入っていき、広い駐車場を半周して空いているスペースにオートバイを停めた。平日にもかかわらず、たくさんの車やオートバイが停まっていた。KAWASAKIの1200ccのオートバイからおりたばかりの恰幅のいい男性が自動販売機で何か飲み物を買っていた。私はヘルメットを取り、サドルバッグからオリーヴドラブ色の帽子を取り出した。私は帽子をかぶり、いろんな店が並んでいる方向に歩いていった。店の中ではイカを焼いたものを食べている人やソフトクリームを仲良く食べているカップルがいた。飲み物が入っているケースの中に私はラムネを発見した。普通のラムネのとなりに赤や青のラムネもあったので、私は青い色のラムネを買って外に出た。

海に向けて歩いて行くと、砂浜に向かって数段広い階段が作ってあった。階段を下り、砂浜とこちら側を遮るように作られた白いフェンスによりかかって私はラムネの瓶の周りを囲んでいるフィルムをはがした。フィルムにブルーハワイと書いてあるのをその時発見した。ブルーハワイのラムネを青空に向かって高くかかげ、私は携帯で一枚写真を撮ってみた。青く晴れ渡った空をブルーハワイのラムネの青を透してながめてみた。ラムネの水平線の上に透明な太陽のような玉が、まだ瓶の蓋の役割をして浮かんでいた。私は右手の親指で力強くそのラムネの玉を瓶の中に押し込んだ。透明な玉がラムネの発泡する音とともに瓶の中に踊りこんだ。
私の今年の夏は青空とこのブルーハワイのラムネによって始まった。  

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2005-05-30 00:00 | 私の心とその周辺
<< キス・キス・キス yours >>