タイトル別

■ 赤い背表紙(短編)

恋愛小説3

恋愛小説2

パラッド30曲で1冊

恋愛小説

ドライ・マティーニが口をきく

ふたとおりの終点

マーマレードの朝


夕陽に赤い帆


私はいつも私


雨のなかの日時計

微笑の育てかた

ラジオが泣いた夜

今日は口数がすくない


星の数ほど

波乗りの島 - ブルー・パシフィック・ストーリーズ -


一日じゅう空を見ていた

缶ビールのロマンス


散ってゆく花

誰もがいま淋しい

最終夜行寝台

ボビーをつかまえろ

ボビーに首ったけ

私は彼の私


人生は野菜スープ

嘘はほんのり赤い

花なら紅く


五つの夏の物語


物語の幸福

寝顔やさしく


狙撃者がいる

花のある静かな日

ふたり景色


離婚しました

俺のハートがNOと言う

いい旅を、と誰もが言った

口紅と雪の結晶


美人物語

スローなブギにしてくれ


5Bの鉛筆で書いた

■ 赤い背表紙(中編)

彼女から学んだこと


タイプライターの追憶

彼のオートバイ、彼女の島


生き方を楽しむ

and I Love Her

魚座の最後の日


友よ、また逢おう

心のままに

敍情組曲

結婚のヒント


Ten Years After

少年の行動

彼女が風に吹かれた場合


彼のオートバイ、彼女の島 2

あの影を愛した

恋愛生活

彼らがまだ幸福だった頃

吹いていく風のバラッド


長距離ライダーの憂鬱 -オートバイの詩-


■ 赤い背表紙(長編)

幸せは白いTシャツ


限りなき夏1


湾岸道路

ときには星の下で眠る

ボーイフレンドジャケット


■ 赤い背表紙(エッセイ)

個人的な雑誌1

すでに遥か彼方

アールグレイから始まる日

アップル・サイダーと彼女

ぼくはプレスリーが大好き

きみを愛するトースト


ロンサム・カウボーイ

コーヒーもう一杯

個人的な雑誌 2

町からはじめて、旅へ


■ 赤い背表紙(詩集)

yours

■ 青い背表紙

頬よせてホノルル

8フィートの週末


甘く優しい短篇小説

最愛の人たち

■ 緑の背表紙

撮られる彼女たち

■ 白い背表紙

エンドマークから始まる

■ 白と青緑の背表紙

夏と少年の短篇

■ 白と黄の背表紙

撮って、と被写体が囁く


■ グレーの背表紙

香水と誕生日


■ オレンジの背表紙

最愛のダークブルー


ドアの遠近法

こちらは雪だと彼女に伝えてくれ

■ 淡いオレンジの背表紙

浴室で深呼吸

赤い靴が悲しい

美しいひとたち

■ テディ片岡

意地悪ポケット本

■ essay

昼月の幸福

■ 詩集

メントール・ユーカリプト

■ collaboration

キス・キス・キス

Ambient Hawaii

カヌーで来た男

■ English

HELP ME SEE THE SKY and another stories 一日じゅう空を見ていた


■ Kadokawa-Novels

■ KADOKAWA GREETING BOOKS

THE FOUR OF US 最愛の人

■ハードカバー

町からはじめて、旅へ

■その他

paperback (Switch Special Issue) Late Winter 2002 vol.4


■ 私の心とその周辺

私の中の架空の彼女

海亀と一緒に泳いだ

ストリチナーヤでバーバラ

不思議な香りのするウォッカ

キャンベルの赤い缶

お気に入りのバーで、素敵な夜を


ホテルという異次元空間

オートバイとオープンカー

理想的なあり方


飛ばされながら月を見た

夏の海とメープルシュガー

雨の壁、霧の壁、虹のふもと


モノクロ写真に紅一点

片岡さんの写真展

午後の海とブルーハワイのラムネ


コーヒー一杯の雨雲


ブルーな一日


涙が落下していく

透明になってついていく

少年かもしれない


屋台の中華そばのブルース


「コーシー」の想い出

ある一瞬の物語

夜という宇宙空間


私の空の心象画

上り坂の地平線

宝物に伸びる影


雲の楽しみ方の一例

すべては自分次第


水たまりの白日夢

あいまいな午後の陽射しの香り

晴れた夜、RainyDayで


雲の上の未来


せつなさの断面

450キロ間の乾杯

気温24度、風力タービン

表参道の地下鉄から

先月は空からながめた

ベージュの幌に雨の音

飛行機からながめる宝石

いつか見た夢

彼女のグラス

ブルーの中に浮かぶうろこ雲

永遠の島

いつの間にか消えた

「形」になった記憶

答えは「動的平衡」だった

白いヘルメットのアメリカ国歌

黒い屋根、グレーのボディに七色の虹

直径1インチのスカイ・ブルー

目ざめても夢の中

ハーレーの影は私

[PR]
by space_tsuu | 2015-11-17 00:00 | タイトル別
<< 町からはじめて、旅へ その日はじめてのコーヒー >>