魚座の最後の日

片岡さんの本の中に何度かこういうシーンについて書かれているのを見つけることができる。
この「魚座の最後の日」にも出てくるし、エッセイの中にも、詩の中にもあったような気がする。
私はこのシーンがとても気に入っていて、いつも春から夏になるとぜひやってみたいと思うのだが
まだ実現させていない。今年こそはできるだろうか。


「これを空にむけて投げるから、写真に撮ってほしいの」
「撮ります」
「いくわよ」
タイミングをとって、瑞枝は、丸めたシャツを投げ上げた。丸まったままシャツは空中へ上がっていき、青い空を背景にして、ほんの一瞬、静止した。そして継ぎの瞬間、風を受けとめ、シャツは白い花が大きく咲くように、ぱっと開いた。
開いて風に乗り、流れかけるその瞬間、和彦は二五〇分の一秒でシャッターを押した。空中を流れていくシャツを追って、さらに、二ショット、和彦は撮った。シャツはふたりからかなり離れた場所で、砂の上に白く落ちた。

b0127073_1855186.jpg


ストーリーのためのきっかけはさまざにあるけれども、そのなかのひとつが白い半袖のシャツなのだとあとがきに書いている。
『見たところおよそなんの変哲もない、白い半袖のシャツ。しかし、着る人が着るなら、そのシャツは、徹底したさりげなさのうちに、じつはこれ以上ではあり得ないほどに、洒落たものとなっていく。
そのシャツが男物でも女物でもどちらでもいいが、着る人が着るとそんなふうになってくれる一枚の平凡な白い半袖のシャツを、そんなふうに着ることの出来る人は、もしその人が女性なら、外見も内容も、相当にすぐれているはずだ。若くしてすでに完成の域に達した、したがって安定と余裕のある、ひとりの女性主人公が、次第に鮮明になりつつ、白い半袖のシャツを中心にして、浮かんでくる。』

これを実現させるにあたって、まずは一枚このシーンにふさわしい白い半袖のシャツを買いにいかなくてはならない。


もうひとつ、この会話が印象に残った。私もその時の自分がどんな視線だったのか試してみよう。

「なぜ、写真を撮るの?」と瑞枝がきいた。
「撮った順番にファイルに整理しておき、すこし時間が経過してから、かつて自分が撮影した写真をルーペでのぞきこんで観察すると、撮影したときの自分の状態がよくわかる、という話を、どこかで読んだことがあるのです。ほんとかどうか試してみようと思って、二年ほどまえから、撮り始めたのです」
「たとえば、二年まえの写真は、いま見るとどんなかしら」
「幼いです」
和彦の言いかたに、瑞枝は笑顔になった。
「可愛い写真なのね」
「そうですね。でも、発見はあります」
「どんな発見かしら」
「なにかをじっと見るときの視線とおなじ視線で撮ったスライドを見ると、子供のときのぼくがなにかをじっと見たときの視線と、おなじ視線なのです。いまでも、子供のときとおなじようにしてものを見ている自分を、発見します」



田村和彦
落ち着いたブラウンの水着を着た女性
黄色の水着を着た女性
伊東瑞枝
加藤早苗
中村裕子
石川初美
高村志津子
牧田紀代子
石川初美
倉嶋三恵子
夏川蛍子

SLRカメラ(35ミリから70ミリのズーム・レンズが装着)
クランプ・ポッド

エチオピアのコーヒー豆を使って濃くいれた、熱いコーヒーのドゥミタス
アイスド・テイー
コロッケ
カツレツ
チリをたくさんかけたホットドッグ
コーヒー
カレーライス
缶ビール
コーク
キリマンジャロ
フルーツデザート
ごはんを盛ってある皿は、楕円形の大きなものだった。ほぼ中央から二分するかたちで、右側が一段だけ高くなっていた。
低い部分にはパイをごはんがあり、高いところには、バナナを斜めに薄く切ったもの、キウィのおなじく薄切り、さいころに切ったパイナップル、瓶のなかからつまみ出したチェリー、オリーヴ、蜜柑、ウエッジに切ったオレンジ、いちご、などがきれいに配列してあった
キリマンジャロの豆を使っていれたコーヒー
小ぶりな林檎
ビール
氷と水の入った大きなタンブラー


マンハッタンのグランド・セントラル・ステーション
ロックフェラー・プラザ
リゾーリという大きな書店
グランド・セントラル駅
ダブス・フェリー
マンハッタン

4ドアのハードトップ(フルタイム四輪駆動のATでヴィスカス・スプリング)
四輪駆動のオートマティック
マニュアル・シフトの前輪駆動
セダン
[PR]
by space_tsuu | 2005-03-25 00:00 | 赤い背表紙(中編)
<< モノクロ写真に紅一点 香水と誕生日 >>