物語の幸福

『 ベーゴマの小説を書く』というストーリーで、玩具の問屋街がある所でベーゴマ
を買うという部分がある。
ふと、新宿の花園神社の近くのバーに入った時のことを思い出した。
その店のドアには、「うちは怪しいお店ではありません。料金も良心的です。」
というようなことが書かれた貼り紙がしてあった。
怖いもの見たさ半分で入ってみると、狭い店の中はカウンターだけなのだが、椅子と
壁の間の狭いスペースで2〜3人の常連客らしき男性達がカンヴァス布を張った樽の
ようなものに向かって、ベーゴマをまわして遊んでいた。
そこのママは沖縄出身の人らしく、置いているお酒も何種類かの泡盛だったし、おつまみも沖縄の家庭料理のようなものが多かった。
貼り紙に書いてあったとおり料金も安く、ベーゴマを回している彼らをあとにほろ酔い
加減でホテルに戻った。
私たちはベーゴマが欲しくなり、さっそく次の日に探して買ったのはいいのだけれど、
帰りの空港の持ち物検査にひっかかり、ジャケットのポケットから出て来たベーゴマを
見て、その場にいた人たちがほのぼのとした空気に包まれたという笑い話がついている。

b0127073_10455450.jpg



『グッド・デザイン』というストーリーは、ひとりの女性が結婚を申し込んだのに、相手
の男性に拒否され、いったんは見合いで別の男性と結婚するのだが、結局は離婚して最初
の男性とよりが戻る。そして、いつもいっしょにいてくれと彼女は彼にいう。
けれども、彼はいっしょにいることはつらいという。
なぜか。

b0127073_104099.jpg


「きみは僕にとって、たいへん好みなんだよ。僕の好みに、ぴったりだ。だから、
いつもいっしょにいると、落ち着かない。いっしょにいると、いつも僕はきみを
見ていたい。いつもきみと抱き合っていたい」
「好みとは、なんですか。見た目?」
「内容も。要するに、きみは僕にとって、あるいは他の多くの男女にとって、たい
へんなグッド・デザインなんだ」
「まあ、面白い」
「女は男にくらべて、はるかにグッド・デザインだという考えが、僕の基本にある。
しかもきみほどの出来ばえで、その出来ばえが自分の好みどおりだとなると、困るよ」
「なぜ?」
「そのまえに、一般論をもう少し。相手というものをとらえるとき、人はまずその相手
を見るんだよ。視線で頭のなかにとらえる。外観を見る。女性を見るときには、その外
観つまり体を、人は見る。女の体は、この地球上で最高のグッド・デザインだと、僕は
思う。体だけが好き、という意味ではなくて。女性の体や存在が商品になるのは当然な
のだ。そして、それは、基本的には悪いことでもやましいことでも、恥じるべきことで
もない。なにしろ最高のグッド・デザインなのだから。たとえば、フェミニズムなども、
そういうことをきちんと踏まえた上で、展開していくべきだと、僕は思う」

女性の体はグッドデザインであるという。けれども、せつなさは確実に忍びよる。
グッドデザインである最高の時期は短い。だからこそ、美しさは際立つのかもしれない。
このストーリーの彼は、彼女の美しさ=グッドデザインを陳腐な日常の中に巻き込みたく
ないと思っているのだろう。



「美人と海岸」

本田アトム
大沢謙治
小林由加里
西野緑
大沢の姉
大沢の母

お茶

ステーション・ワゴン

「ベーゴマの小説を書く」

紅野夏彦
紅野霧子

馬鈴薯にわかめの味噌汁
鯵の干物
スクランプルド・エッグの一種のような卵焼き
ミニ・トマトを十二個
梅干し
プラスティックのボトルに入った九州のどこかで採れる天然の水
ワイン
トースト
目玉焼き
ハムを添えて
サラダ
パイナップル・ジュース
アイスキャンデー

「階段の下にいる男」

高野五郎
仁科順子
岸本仁美
岸本美恵子

魚眼レンズのついたアナログの腕時計
フランス製のアジェンダ・モデルヌのバーガンディー色の手帳
ミシュランのパリ地図

木村屋のあんパン
エスプレッソ

エーリッヒ・ケストナーの詩の断片
(地球という星は、地面のすぐ下に水道や下水の管が網の目のように這っている星だ、という意味の断片)

「グッド・デザイン」

立科恭子
平野啓介

ワイエスのヘルガ

『知らぬ町 雨の一日 冬至なり』

「幸福の限界」

星野雄一郎
佐分利信
中野玲子
鶴見祐子

ストロング・コーヒー(フレンチ・ロースト)

「十年が過ぎた」

神崎三郎
松川節男
北沢佳子
池田啓子

ステーション・ワゴン
[PR]
by space_tsuu | 2004-09-28 00:00 | 赤い背表紙(短編)
<< 寝顔やさしく 五つの夏の物語 >>