カテゴリ:essay( 1 )

昼月の幸福

子供の頃の私の部屋は、勉強机のすぐ前が窓になっていて、その窓を開けるとすぐそこが一階の屋根なっていて登ることができた。天気のいい日にはベッドのかけ布団などを、屋根に広げて干していた。しばらく干したその布団はポカポカの温かさでふわふわになり、とても気持ちよかったので、いつも屋根に敷いたままのその布団に仰向けになり空を心ゆくまでながめた。さえぎるものが何もない状態の空の中を流れつつ形を変えていく雲を見たり、白い月が薄くぽっかりと浮かんでいるのを観察することはこの上なく心地よかった。

b0127073_16513463.jpg


この「昼月の幸福」という本を読み進むにつれて、私は心臓の鼓動が速くなっていくのを感じていた。書かれている内容が、まるで私の気持ちを代弁でもしているかのような内容だったからだ。昼の月についてこう書かれている箇所がある。

「青い空を底なしの背景として、白い小さな月が、遠くにぽつんと浮かんでいる。小さいけれども、その存在の感触は、絶対的に確かだ。あ、今日はあそこに月がある、うれしい、という気持ちに、僕はかならずなる。」

「午後の、淡く青い空の一角に思いがけなく僕が発見する、白い小さな月は、時間の無限を僕に見せてくれる。過去にむけても、そして未来にむけても、おそらく無限に存在するはずの時間のなかの、ほんとにどうしようもなく小さな一瞬を、その月を経由して僕は見る。無限という巨大なもののなかで、いまたまたまここにいる僕は、ふと見上げた空の白い小さな月を経由して、自分の小ささを自覚する。月を見たその瞬間、僕は、自分自身に関するさまざまな自覚のすべてが、自分の内部にむけて、強力に凝縮され集中していくのを感じる。結果として、自分がなにであるか、どのような存在であるか、はっきりとわかる。こういったことは、僕にとって、じつにうれしいことだ。」

私が自分自身の内部に漠然とかかえていた気持ちを、片岡さんが文字におこし文章として組み立ててくれているような錯角にふと陥った。そして読めば読むほど、この本は私自身なのだと強く感じていった。

b0127073_16514824.jpg


つい最近、私が密かに憧れている女性が夢語りと称して月に関する短い文章を書いているのを読んだ。彼女は、ひとは昼の人種と夜の人種と2本の枝に分かれていて、夜の人間には月の欠片がよく似合うというようなことを書いていたので、私は「私も月が大好きで、月が見えないと思わずため息をつきたくなります。でも、昼の人種のような気もするし、どっちつかずの私です」とコメントをした。すると聡明な彼女は、私は昼の人であり、なんともかわいらしい昼の月だと言ってくれた。さらに、とてもチャーミングな、透明な満月だと。
私はそれを見て、ああそうか、月には昼月もあったのだと思い出した。自分をかわいらしくてチャーミングだなんて全く思っていないが、昼の月にたとえてもらったことが、この上なく嬉しかった。そして、昼の月である私はとても幸せな気持ちになった。

More
[PR]
by space_tsuu | 2005-05-07 00:00 | essay