カテゴリ:ハードカバー( 1 )

町からはじめて、旅へ

赤い背表紙の「町からはじめて、旅へ」を持っているので、中古の本屋さんなどでこのハードカバーの単行本を見かけても、手に取ることもせず、同じ内容なのだと頭から疑わずにいた。

しかし、今年の1月に晶文社さんから40年ぶりに復刊された時に、内容が微妙に違うのだということをどこかで見かけて、すぐに注文したのだった。


b0127073_15393072.jpg


片岡さんには、『真夜中のセロリの茎』のように、同じタイトルだけれど全く違う内容のものがあるということを知っていたにもかかわらず、うかつだった。

だから、片岡さんが書く本は、とりあえずは手にとって中身を確認しなくてはいけないのだ。

いけない、と書いたけれど、それはいやいやしなければならないという意味ではなく、もしかしたらまたとワクワクしながら手にとりたいという感覚だ。


b0127073_15395056.jpg


私はいつも、気になった部分をメモするように取り出しては、ブログに残しているが、前にピックアップしたところと、今回のとを比べてみると同じようなところを書き出していることを発見して、つい苦笑いをしてしまった。

しかし今回の本で特に興味深い箇所は、「ぼくの食料品体験」だ。

片岡さんという人を作り上げてきた食べ物たちのことは想像するだけでも楽しい。

ひとつ残念なのは、片岡さんが美味しいと感じていたトマトは、もう存在しないということだ。

私が子供の頃に食べたトマトは、今よりずっと酸味があって青臭かった記憶があるが、そのトマトにももうお目にかかっていない。


b0127073_15400487.jpg


私が手に入れた赤い背表紙の「町からはじめて、旅へ」は初版で昭和五十六年二月五日となっている。

それをこの単行本と並べて写真をとってみた。

そしてこの二冊の紙の色を見て、その間の年月のグラデーションを想像して遊んでみた。




More
[PR]
by space_tsuu | 2015-11-17 00:01 | ハードカバー