<   2004年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

湾岸道路

実在しない彼女と彼だが、私の理想の筆頭にあげられるふたりだ。
芙美子さんという女性は心によどんだところがひとつもない。
気持ちがしっかりしていているから、悩みもない。
彼女は、杉本さんのおかげで、ついに自分というものを発見できた。
素敵だと思うと高価な品でもポンと買って夫の通帳を空にしていた買い物魔の彼女だったが、どこか本当の自分ではないような感覚だったのではないだろうか?
その空虚な部分を探し求めるために買い物をしていたのだと思う。
それが、杉本さんとの別れをきっかけに、オートバイに乗ることや自分自身の身体を鍛えることによって、ついに本当の自分というものの輪郭をくっきりと表面に現すことができたのだと思う。

b0127073_1826476.jpg


杉本さんは、考え方が面白い。
格好いいと思ったことをすぐに実行してしまう。
芙美子さんのようなとびきりの美人と、あっという間に結婚してしまうのが格好いいと思い結婚するが、離婚してどこかにいってしまうのはもっと格好いいと思いつき、そのとおりにする。
我がままな子供のようにも思えるが、自分というものを自分自身でしっかり把握していて、自分の理想像に限りなく自分を近付ける努力もする。
このふたりを合わせたような人に私はなりたい。

片岡さんの小説には様々なオートバイが出てくるが、「湾岸道路」ではハーレーだったので、私も乗るならハーレーだと決めた。
この「湾岸道路」を大型免許の取得の時もお守りがわりにバッグにしのばせていたほどだ。
以前友達に貸したことがあるのだが、戻ってきた時に表紙がかなり白っぽく擦り切れたような状態になり、角も今にも切れそうになっていたので、少し悲しかったがテープで貼っている。
どこか古本屋でで見つけたら表紙だけを変えるためにもう一冊買おうかななどと思いつつ、今もこのままだ(笑)
(この文章を書いた時には買っていなかったが、今、2013年夏には綺麗な湾岸道路をもう一冊手に入れて持っている。)

b0127073_18261573.jpg


扉に書かれた文章にこうある。

「元気でいろよ」のひと言を残して、彼はあの年の夏の彼方へ消えてしまった。
あとにひとり残された彼女としては、生まれつきの才能を努力で鋭くみがきあげ自分もどこかへいっしまうほかに、充実した生き方はなかった。だから彼女は、そうした。
ふたりともいなくなり、陽が射して風が吹き、これ以上のハッピー・エンドはどこにもない。

この文章は片岡さん自身かが書いたもので、この時はこう書くしかなかったのでこう書いたそうだ。湾岸道路を読んだ人はきっと、芙美子さんが杉本さんに捨てられて、自分も同じようにハーレーに乗ってどこかに消えてしまうストーリーだと思う人が多いだろうが、実は違うそうだ。

彼女が絶対必要で、彼女がいなくては生きてけない彼が「元気でいろよ」と強がりを言って去っていく。彼にしろ他の誰にしろ、誰をも必要としなくても、ひとりで平然と生きていける彼女が、自分のもとを去っていった男に、ほんの冗談のつもりでもう一度会えると面白いかもしれないと思い、自分もハーレーでどこかに消えていくというストーリーなのだそうだ。

More
[PR]
by space_tsuu | 2004-08-15 00:00 | 赤い背表紙(長編)

限りなき夏1

気になった箇所を抜粋してみた。

「宇宙という大空間にぽっかりと地球がうかんでいて、その地球という惑星にとってもっとも特徴的なのは、海なんだ。地球をとりまいている大気という巨大な空間が、地球といっしょになって、地球のためのいろんな気象をつくりだす。風がおきて、その風のエネルギーが、海に波をつくりだす。」
「いいかい、ムーラ。地球の表面は、どこでも宇宙の空間に接してるんだ。
カンザス州のウィチトーだってそうなんだが、大平洋の波は、風というエネルギーとつながっているから、宇宙とのつながりはことさら強いんだ。」
「大平洋、そのなかの小さな島、そしてその島の珊瑚礁に盛り上がる波、というぐあいに、宇宙との接点を鋭くとがらせていくのだな、段階的に」
「まさにそのとおりだ。大気の気象が風をつくり、その風が波を生むんだから、波は宇宙のエネルギーだと言っていい。波に乗るときには、このエネルギーをつかまえ、それと一体になるんだ。二〇フィートの波をつかまえたとすると、宇宙のエネルギーによって空間にむかって自分が二〇フィートも持ちあげられたことになる。人工的なしかけを使用しないかぎり、こんなことは波にでも乗らないと、まずありえない」
「その宇宙のエネルギーとの、つながりかたが大切なんだな」
「たとえば、大空間のほうへ出てしまったら、そこは無限の広さだから、さらなる閉所恐怖症の舞台になっていくだろう」

b0127073_18242564.jpg


私はサーフィンに憧れつつも、ボディボードしか体験したことがないのだが、これを読んでいたら、波に持ちあげられるという感覚をふと思い出した。
今年はまだ海に行っていない。
久しぶりにボディボードを持ってでかけてみようかという気になった。
ほんの少しだけでも、宇宙のエネルギーを感じに出かけてみようか。

b0127073_18243722.jpg


「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ」
あとがきで、片岡さんがずいぶん前にカリフォルニアで観た、アメリカ製の波乗りの映画のなかで、若い素人のナレーターが言っていたひとことだそうだ。
この文句をテーマにしてできあがった小説だ。
パート5くらいで完結させようとしてらしいが、この1だけで止まったままのようだ。

私は暑い暑いと文句を言いながらでも暑い夏のほうが好きだ。
心の状態が一番開放されて想像力も豊かに発揮できる夏が一番好きだ。

More
[PR]
by space_tsuu | 2004-08-09 00:00 | 赤い背表紙(長編)