<   2005年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

きみを愛するトースト

この本には55のエッセイがつまっている。どれもこれも素敵だ。どれもこれも今にいたる私に多大な影響を与えている。

----------

「ぼく」の誕生日に、英語とフランス語で細かなメモが書かれた手帳の三月二十日のページをとりはずし、その片隅に素敵な日本語のメッセージを書き添えて封筒に入れ、「ぼく」に送る彼女。

窓のない部屋での会議の途中に、架空の窓を想像し、様々なシーンを思い描き、最後にはシャワーを浴びながらブルーマルガリータをひと口、またひと口と飲んでいる。グラスの縁の塩に頬をつたわって流れる涙の味が加わる。

キリコの塔の上ではためく旗の話。

バーボンを飲むにあたって、どのような女性がふさわしいかについて。この女性像は私の憧れだ。酒が強い人でなくてはいけないという部分くらいしか、まだあてはまっていないかもしれない(笑)

そして、尾道のあのバーの話。私はこれとほとんど似たようなことを実行した。もちろん迷うことなく甘いほうのマンハッタンをまっさきに頼んだ。つまみのサンドイッチがとてもおいしかった。
壁には片岡さん直筆のハガキがひっそりと貼られていた。

猫の多江子の話。こんなふうな話が大好きだ。読んでいると、いつしか私が多江子の目線になっているのだった。

幼い頃から学生にかけての片岡さんの話も出て来る。大学の時に小学校から高等学校までの全教科の教科書を買い集めて勉強したことや蛸つぼの話も興味深いものだった。

最後には、口をきくトーストの作り方が書いてある。真冬の朝、焼けたばかりのまだ温かいトーストにくっきりと白くハートのかたちが描かれている。そののなかにI love you.と永遠のワン・センテスが浮き出ている。スクランブルド・エッグスも温野菜もたいらげ、コーヒーを飲み、真冬のなかにステーションワゴンで出て行く。交差点で信号待ちをしながら、胃のなかでコーヒーや卵や野菜と一緒になってぐちゃぐちゃになったI love youを想像する。

-----------
b0127073_14393935.jpg


ざっとかいつまんでも、こんなに素敵な文章がたくさんある。私にとって、この『きみを愛するトースト』は、キラキラと輝く宝石箱のようにまぶしく大切な本だ。
どこで読んだか忘れてしまったが、表紙の写真は実は上下逆にしてしまったと書いてあったのを思い出したので、キチンから一本フォークを持ってきて、本に添えて写真を撮ってみた。

More
[PR]
by space_tsuu | 2005-09-24 00:00 | 赤い背表紙(エッセイ)