<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私の空の心象画

流れていく白い雲
頬にふれる風 昼の月
透きとおる底なしの青い空間
背中に感じるあたたかさ

窓に流れ落ちる雨粒
曇ったガラスを手でぬぐう
そこから見えるグレーのグラデーション
ガラスをとおして指先に感じる冷たさ

三日月と星のジャズライブ
天に広がる天の川の五線譜
黒と蒼の奥行き
首すじに感じる爽やかさ

b0127073_18294296.jpg


海に降る雪
あいまいな空と海の境目
淡いモノトーンの版画のよう
耳たぶに感じる寒さ

空いっぱいに大きくかけられた虹の橋
光と空が創りあげた夢
地球上のすべての色のパレット
まつげの先で感じる空のおおらかさ

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-30 00:00 | 私の心とその周辺

夜という宇宙空間

だんだん陽が沈んでいく頃、ふと外に目をやるとマンションの灯りが点りはじめ、鳥が巣に戻っていく光景や電線の間にひとつふたつと星が光りだすのを見ることができる。
じっと眺めていると、様々な蒼や赤のグラデーションの変化を経ていつの間にかしっとりとした黒いカーテンがおろされる。

電線だと思っていたのは実は五線譜で、それはゆらゆらと舞い上がり天の川と同化する。部屋の中で流れているジャズの音も音符に変わりながら五線譜と戯れつつ上昇していき星と同化する。いつの間にか月もト音記号になってすましている。星の奏でる曲に誘われるように扉を開けて外に出ると、車やバイクまでもが空高く舞い上がり、いつしか銀河鉄道になって宇宙の彼方へ走り去っていく。

b0127073_1740465.jpg


「私」にとって夜は漆黒の闇ではなく、日中見えなかった宇宙空間が姿を現わしたものなのだ。「私」はアスファルトを両足で蹴り、ジャンプしてみる。地上から両足が離れている数秒間は「私」の身体は宇宙空間の中にいることになる。こうして「私」は月と星のジャズライブを聴きながら数秒間だけの宇宙遊泳を何度も楽しむ。

という絵本はどうだろうと思いながらいまだに実現させていない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-25 00:00 | 私の心とその周辺

友よ、また逢おう

表紙の写真は大谷勲さんだ。一見モノクロのように見えるが、空は淡い水色で、「MAT'S SHOE SURVICE」という看板はレモンイエローに塗られている。その看板の右下にはロングエンジニアブーツがぶらさがっている。

10代で初めて人を殺して、21才の時に、友人であるパット・ギャレットに射殺されるまで、21人もの人を殺したという伝説を持つビリー・ザ・キッドの話をストーリーにしたのがこの本だ。史実に忠実ではないにしろ、時代に関しては飛躍はないと、あとがきに書いてある。
今までの片岡さんの様々なエッセイを思いおこすなら、これは片岡さんらしい一冊なのではないかと思う。アメリカでの片岡さんの体験が時代を越えて、このストーリーの中に織り込まれているのではないだろうか。

b0127073_17415239.jpg


「おまえはひとりで先へ進むがいい」
「そうする」
と、こたえたビリーに、ギャレットは右手をさしだした。二人は、ごくみじかい握手をかわした。
「いったいこれからおまえはなにをしたいのか、ひと言、聞かせてくれ」
「これからさきの日々を、ひとつずつ、しかも順番に、生きていく」
「それ以外に方法はない」とギャレットは言った。

この部分を読みながら、この台詞は片岡さん自身のことなのではないかと、ふと思った。そして、私も自分自身に対して同じ質問をしてみたが、とっさには答えは見つからなかった。

More
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-21 00:00 | 赤い背表紙(中編)

ある一瞬の物語

海が見える浴槽

秋の夜の香り

暗い闇の中にたいまつ

ガラスのチャペル

雨つぶは幾重にも重なり広がる輪

私の足には影

雲の扉が開く

月の光のシャワー。  

b0127073_1617971.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-20 00:00 | 私の心とその周辺

少年かもしれない

片岡さんが「自分と自分以外」という本の中でこう言っている。

「なにごとかに純粋に熱中するのは少年の特権である、としばしば言われているけれど、その少年は熱中することの出来る対象を見つけた人なのであり、その分だけ明確になっている。熱中の対象などまだどこにもなく、したがって曖昧に不定型なまま、なにをするでも思うでもなく、しかしなにごとかを感じているという状態の少年なら、いまの僕はほとんど四六時中、そのような少年でもある。」

片岡さんは後者の少年であるようだ。
そして、私も少女ではない。少年だ。

b0127073_18343746.jpg


ほとんどの少年がその時点で何ごとかに熱中する存在なら、少女はきっと未来に対してなにごとかに期待している夢見る乙女だと思う。
おままごとをやって未来の花嫁に憧れたりしているのは、そのいい例だろう。

そういう意味において、私の心は少年のままだ。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-19 00:00 | 私の心とその周辺

屋台の中華そばのブルース

昔の写真を整理していたら友達数人で屋台の中華そばを
食べている写真が何枚か出てきた。
確か夜中に近い時間だったはずだ。
道路の縁石にこしかけて食べている友達もいれば、その
まま立って食べている人もいる。
屋台の椅子だけでは足りないからだ。

写真をながめているとなんとなく昔ながらの中華そばの
香りと味が記憶の奥底から浮かび上がってくるようだ。
写真の中のみんなは食べながら笑っている。
そして食べながら真剣だ。
屋台の中には木でできた小さな引き出しがいくつかあり
そこに鳴門や海苔などがはいっていたと記憶している。

b0127073_18272354.jpg


この屋台の中華そば屋さんは今はもうない。
ご主人が交通事故に遭ったことがきっかけで、年齢から
くる健康のことや保健所の衛生面などがいろいろ結びつ
いた結果、店は再開しないことにしたそうだ。

友達同士で飲んだあと、屋台の中華そばを食べるという
幸せがかつてここにあった。
夜風に吹かれながら熱いスープをすする。
小さな四角い紙の中にあの時の時間が切り取られている。
それを見ている私は現在進行形の中でいつの間にか増え
ていくラーメン屋のことを思う。
そしてあの屋台にはラーメンという文字ではなく、やはり
中華そばという呼び名がふさわしかったのだと確信する。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-19 00:00 | 私の心とその周辺

「コーシー」の想い出

昔働いていた美容室は御茶ノ水駅と神田駅と秋葉原駅を結ぶ三角形のちょうどまん中あたりにあった。 近くには、まるで時代劇に出てくるような名前の「三河屋」 さんという店があったりした。 秋葉原の電気街に勤めるOLさんやサラリーマン、近くの住人たちがお客様だった。
今ではもうないのかもしれないが、その頃、店の近くには芸者組合があったので、年輩の芸者さんたちも結構いらしてくれた。
インターンだった私は芸者さんなんて見たこともなかったので、初めて彼女たちのシャンプーをした時には、ものすごく驚くことがあった。
きちんと結われたアップの髪を花の蕾を一枚一枚めくるようにほどいていくと、てっぺんに「かもじ」と呼ばれるものが置いてあり、それを取るとツルツルのほっぺのようになった頭頂部が現れる。
一瞬息を飲んだが、なにごともなかったかのようにブラシで髪をとかしシャンプーにはいった。
シャンプーをする感触も髪の毛のあるところとないところが入り交じり不思議な感覚だったが、一週間に一度のシャンプーは芸者さんたちにとっては何より気持ちのいいものだったそうだ。

b0127073_1748444.jpg


あの頃に私をかわいがってくれた芸者さんは、もう何年も前に亡くなってしまったが、ふと思い出す時がある。
私がコーヒーが大好きだという話をすると、自分の部屋に飲まないで置いてあるだけのコーヒーがあって、それをプレゼントしてあげるから休みの日に遊びにおいでと言われて行ったことがある。 狭い下町の風情あふれる小路の古びたアパートの一室からインスタントコーヒーの瓶を持って出てきた姿を思い出す。
彼女は「コーヒー」を「コーシー」「歩いて」を「歩って」と言っていた。
私が働いていたお店の店長も下町生まれの下町育ちだった。彼からは、秋葉原駅のほうに市場があり、その市場のことを「ヤッチャバ」というのだと教わった。
インスタントコーヒーの瓶を見ると、記憶の底からあの頃の光景が蘇り、私は「コーシーを飲んだあと、ヤッチャバまで歩って行く」などとつぶやいてみたりする。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-19 00:00 | 私の心とその周辺

透明になってついていく

透明になってついていってもいい?

あなたの隣に座り、そっと手を握る

あなたの手のぬくもりを透明な脳で感じる

あなたは透明な私にワインをついでくれる

そのワインを私は一口飲んでみる

ワインは空中で上から下に微妙な曲線を描きながら移動し胃にたまる

胃の底辺を形作る赤ワイン

それをだまってあなたは見つめる

b0127073_18322928.jpg


外では雪の結晶たちが手をつないで踊りながら降りてくる

白く積もった雪は私たちの記憶の重なり

---------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-16 00:00 | 私の心とその周辺

エンドマークから始まる

かつて角川文庫から出版された中から、テーマを決めて選びだしたものを、新たにまとめたもののようだ。白い背表紙の中に太陽が輝いているような赤い丸がワンポイントになっている。
このところ毎日の雪と灰色の空ばかりながめているので、今年初めての更新には、「恋愛短編セレクション 夏」を選んでみた。真夏の青空を心の中に蘇らせたいと思ったからだ。

b0127073_13342217.jpg


「誰もが人生のいくつかの局面で決断を迫られるときがある。そんな時、曇りのない、真摯な心で、自分の気持ちに向き合うことができるだろうか・・・・・・。
片岡義男が描く女たちは、純粋で、まっすぐで、嘘がない。人生のせつなさも、さびしさも、自分自身で精一杯抱きしめて、弱音を吐かずに生きていく、クールで優しい女たち。誰のものでもない、自分の人生を生きたいと切望する人々に、静かな勇気を与えてくれる七つの短編。」

これは裏表紙に書かれた文章だ。

そして、片岡さん自身によるあとがきには、ストーリーとは、みずからに託された論理に沿って、終始一貫したかたちと内容で、主人公たちがなんらかの魅力的な身体性を、次々に発揮していくことであり、読者はそれを読んで、自分の側における実感を拠点にして、共感していくことだとある。
片岡さんは、小説を書くにあたって、現実感というものを必要としてはいないので、現実はなぞらず、リアリティとも無縁であり、たとえば理想的な状態や状況といったものを、けっして描かないと書いてある。理想とは現実の変種のひとつでしかないとも書いている。

そして、現実を生きる私は片岡さんのストーリーを読むことによって、共感だけではなく、理想のあり方をも模索しているのだ。それは、私の中で、いかに共感できる実感を増やしていけるかという行為につながるのだと思っている。

More
[PR]
by space_tsuu | 2006-01-10 00:00 | 白い背表紙