<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アールグレイから始まる日

かたわらに積み上げてある何冊かの中から、この一冊を手にとって読み始めてしまうと、ああ失敗したと思ってしまう。
失敗した、というのは、面白すぎて読み続けてしまうという意味だ。読み続けてしまうのがダメだという意味ではなく、他のやらなければいけないことを後回しにしても読み続けたい、あるいは、読んでいる時に邪魔がはいったりしたら困るではないかという意味だ。
でも、片岡さんのエッセイには時々そう思いながらも再読したい魔力がひそんでいる。
時代が変わっても、新たに発見することが多い。それだけ内容が濃厚で幅広くその時その時において勉強になることがちりばめられているのだ。

b0127073_14385067.jpg


ふと、付箋がしてあることに気づき、そのページを見てみると、「複眼とはなにか」という題名で次のようなことが書かれていた。少し抜粋してみよう。

『複眼、という言葉をよく目にする。複眼の思想とか、複眼のすすめ、といった文脈で使用される。単一のせまい範囲内に限定されたものの考えかたや価値観を超えて、もっと広い視野で自分や世界を多元的にとらえる能力を、一般的には意味している。単眼から双眼を飛び越えて複眼が、多くの人たちによって人々にすすめられている。
ほんのすこしだけスケールを大きくとって考えると、単眼とは、たとえば自分の世界として日本しか知らないことだ。日本に日本人として生まれ、日本の教育を受けて育ち、自分が日本人であることをなんら疑っていず、日本のなかでのみ通用する価値観やものの考えかたを身につけ、これからも日本のなかでだけ生きていこうとしている人たちは、複眼をすすめる人たちの側から見ると、典型的な単眼であるということになる。
(中略)
複眼のすすめは、じつは自分のなかにある日本をある程度まで捨てなさい、という提案だ。削って捨てると言っても、身についたものはすべて頭のなかにある。記憶の内部に蓄積してあるものを、必要に応じて切り取って捨てることは、すくなくともいまのところ人間には不可能だ。だから次善の策として、日本ではないもの、日本的ではないものを、かなり真剣に学習して身につけなければならない。本当に複眼をめざすなら、そのような学習は、何年も持続される必死の勉強になるはずだ。日本とはまったく異なった文化の側から、日本をさまざまに見ることが出来るようになるのが、複眼の第一歩だ。異なったもうひとつの文化を真に自分のものにするのは、誰にとっても至難の技であるはずだ。 』

英語を勉強している私にとって非常に興味深くもあり、君の勉強の仕方ではまだまだだよと言われているような気がして耳が痛くもあるが、最近少しマンネリ気味になってきた気持ちに活を入れられた感じがした。

ここに書きたい部分はほかにもたくさんありすぎて、書ききれないけれど、少しづつ時々開いて読みたいので、この本はいつも傍らに置いておこう。

最後に、表紙を開いてすぐに飛びこんでくる素敵な文章を、ここに載せて、私もアール・グレイの紅茶でも飲んでみようかな。

『紅茶はアール・グレイ。ポットに湯を注いで、一日が始まる。新聞から天気図を切り抜き、今日までのに加え、紅茶を飲みながら観察する。東へ去る高気圧。それを追う低気圧。前線の影響、雨模様。しかし今日はいまのところ晴れている。沿岸の海風が、低めの気温のなかで、魅力的なはずだ。海風に触れてこよう。すぐに出かけよう。今日はそのための一日。二杯めをカップに注ぎ、自分の一日が本当に始まる。』

More
[PR]
by space_tsuu | 2013-07-18 00:00 | 赤い背表紙(エッセイ)

THE FOUR OF US 最愛の人

横が約10cm 縦が約19cmで厚さが5mmくらいの薄くて手に持った時の感触が心地いい本だ。
GRRETING BOOKと印刷されているので、誰かへのプレゼント用に作られたものだろう。表紙をめくった1ページ目に、上から「For」、「From」そして最後に「19」と書かれている。この本の発行日が1988年12月1日初版発行となっているので、最後の「19」は「19○○年」のことだろうから、プレゼントする日を贈る人か贈られた人が記入するのだろう。

b0127073_1241043.jpg


ページをめくってみると、どのページにも短い文章と小さな白黒の写真が載っていて、
紙には花の透かし模様が入っていることに気づいた。

b0127073_12411986.jpg


この本の文章の書き方は、いつもの片岡さんの書き方とは違っていてまた新鮮に感じる。
たとえて言うなら、大人の絵本とでもいうような感じか。
「未来」と「可能性」と名づけられた銅像たちと現実の男女たちの4人の物語だ。
少しだけ抜粋してみる。

『広い公園です。起伏に富んだ複雑な地形のなかに、いくつもの丘がつらなり、森や湖があり、川も流れています。ほんのちょっと散歩するつもりででかけても、ふと気がつくと、半日が過ぎ去っていたりします。』

『出会うことのまずあり得ない銅像のふたりは、いまでも僕の部屋のデスクの上で、おたがいに二次元の写真となって、寄り添って立っています。』

上質な大人の絵本の上部に配置されている写真たちを、私はとても気に入っている。こういう写真が大好きで私も写真を撮ろうと思ったのだ。見ているだけでとても幸せな気持ちになってくる。
ストーリーの内容と写真たちは特にリンクはしていないように見えるが、ストーリーの中の背景として、あるいは主人公たちの日常のさりげない小物のひとつとして結びつけて考えるなら、想像力は何倍にもかきたてられる。

b0127073_1241335.jpg


このグリーティングブックは、誰かにあげようとして買ったのではなく、自分自身へのプレゼントとして買ったのだから、時折何かの記念日にでもまた開いて眺めてみよう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by space_tsuu | 2013-07-16 00:00 | KADOKAWA- GB