<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

恋愛小説3

「時間」というものについて思いをめぐらせてみた。
ある日ある瞬間に「自分」がこの世に誕生する。その時、「時間」はすでに遥か昔からゆらゆらと揺らぎながらとぎれることなく流れている。そこに新たに「自分の時間の糸」が加わる。遥か昔からあるといっても、誰も確認できない誰のものでもない「時間」に、絡まるわけでもなく寄り添うように、時にはぴんと張りつめたり緩んだりしながら「自分の時間の糸」は伸びていく。

いつだったか、アコーディオンとコントラバスの男女ひとりづつのデュオのライヴを聴きに行った。初めて見る二人の息のあった絶妙で繊細などことなく不思議な世界に私はすぐに引きずり込まれた。
私はまるで深い森の中でふたりの演奏に出くわして心地よい衝撃を受けたような気分だった。
アコーディオンの彼女は、まるで楽器とダンスをしているように見えた。私は音と時間が作り出す旋律に静かな興奮とともに身をまかせた。
演奏が終わってから、私は彼らのCDを一枚買い、車の中で聴きながら家に帰った。すぐに車の中は、さきほど感じた雰囲気と同じ空間に変わった。家に帰ってからもほどよくアルコールの力をかりて彼らの世界観から抜け出すことなく眠りについた。
そして次の日は朝からそのCDを聞かず、仕事が終わって車に乗り込み、あたりがじゅうぶんに暗いことを確認してからCDのスイッチを押した。
曲が始まると同時に、昨日の夜が再現されたように感じた。昨晩からゆらゆらとゆっくり伸び続けている「時間の糸」が、今日一日仕事をした日中の部分だけ電球の形のようにだらりと垂れ下がり、昨日の夜と今日の夜がつながったように思えた。

音や匂いなどの五感によって、「過去の時間」は記憶の倉庫から形を変えながらひっばり出され、ほんの一瞬「今」とつながる。そして、人はそれをなつかしがったり、悔やんだりする。そんなこととは関係なく「自分の時間の糸」は先へ先へとさらに伸びていく。そしてある時、ぷつりと途切れて、あとかたもなく消えてしまう。
大きくゆったりと流れている誰にでも関係があり、そして誰とも関係のない「時間」の中に、その人の「時間」の残骸だけが、あとには残される。

b0127073_12302268.jpg


次の文章は表紙をめくったページに書かれていたものだ。「春眠暁を覚えず」だったのでしょうか。
きっと夢の中の「知ってる人」も、ゴジラが片岡さんだったら、さぞかしびっくりしただろうななどと想像したらクスっと笑ってしまった。

「ゴジラになった夢をはじめて見ました。相模湾から上がって来て富士山を踏みつぶし、噴火の熱をかかとに感じつつ東名を壊しながら東京へいき、東京タワーをへし折り国会議事堂を蹴とばし、そこから二歩で銀座四丁目、もう一歩で日本橋。地面に手を突っこみ、まさぐって地下鉄をつかまえ、引きずり出して顔のまえにかかげて観察したら、その地下鉄のなかに知ってる人がいてびっくりし、目が覚めたのです。春さきの夜の夢でした。」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More
[PR]
by space_tsuu | 2013-11-20 00:00 | 赤い背表紙(短編)

恋愛小説2

絵を描くのが好きだった。好きだった、と過去形で書いたからといって、今は好きではないという意味ではなく、昔はよく描いていたけれど、最近はめっきり描かなくなってしまったことに対する自責の念からそう書いた。
人生も半ばを過ぎたなぁなどと、あれこれ思いをめぐらせていた時に、子供の頃に好きだったことや、やりたかったことを、これから少しづつまたやってみようかと思いついた。
真っ先に思い浮かんだのは、絵を描くことだった。

b0127073_18302963.jpg


絵といっても、いたずら書きのようなものが多かったけれど、油絵というものを描いたことがなかったので、まずは油絵に挑戦してみようと思った。何かに興味を持つと、不思議なことにその興味を持った事柄に関する情報が集まってくるようだ。自分が気にするから目に入ったり耳にしたりするのかもしれないが、今まで長年いらしてくれていたブティックに勤めているお客様が絵を描く人で、実は他にも本業をもっていて、インテリアコーディネートなどをやっているということを初めて知った。
そこで、彼女の携帯の中にある彼女が描いた絵の写真を見せてもらった。その絵たちは素晴らしく、こんなふうに私も描いてみたいという思いが強まった。
またある日の早朝、車を運転している時に見た朝もやが濃厚な中にかろうじてうっすら見える太陽が、私にこの光景を絵に描いてごらんとそそのかした。
そして、今回、この「恋愛小説2」を久しぶりにブログに更新しようと読み始めたら、冒頭に「美術館で過ごした時間」とあるではないか。そして、ここにも、絵を描けと言わんばかりの魅力的な光景が広がっていた。
そうだ、やはり、絵を描こう。

そういえば、今回この本の中で、久しぶりに片岡さんが書く性的な描写を目にした。
あからさまな表現はなにひとつないのに、というよりは、ないからこそ、読む人の想像力を大いにかき立てる書き方をしていた。
読んだあと、無性に冷たいビールが飲みたくなってしまった。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------

More
[PR]
by space_tsuu | 2013-11-13 00:00 | 赤い背表紙(短編)