2008年 08月 05日 ( 1 )

離婚しました

扉の文章をそのままのせてみる。

「離婚することになりました」という言葉には、「おめでとう。お幸せに」と、かたちどおりにしめくくる言葉がふさわしい。似たような枠のなかで、大同小異の生活がはじまるだけだから。「離婚しました」のひと言で始まる世界は、はるかにドラマティックで個別的だ。それぞれのストーリーの主役である彼女たちの、真の個性と本当の能力が、ストーリーそのものを作っていく。

b0127073_163557.jpg


これを読んで、まったく同感だと思った。離婚の理由は人それぞれ違うにしても、心を解放させ、新たな方向へ旅立つことができるのだから、おめでとうというほかない。
そもそも、結婚は出発点ではなく、ただの通過点にすぎないのだから。
そして、そのあとのストーリーは、自分で作っていくしかない。
陳腐なストーリーで終わってしまうのか、個性的で魅力的な物語のラストシーンを残せるのかは、すべて自分次第だ。

More
[PR]
by space_tsuu | 2008-08-05 00:00 | 赤い背表紙(短編)