<   2018年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アップル・サイダーと彼女

この本は片岡さんそのものだ、と言っていいだろう。あとがきで本人がまぎれもなくぼくであり、ぼくがぼくであることの結果や証明のごちゃまぜであると言っているから、そうなのだろう。あとがきが一九七九年十月とあるので、その時までの片岡さん自身だということになる。
朝の八時から午後の四時すぎまで空の雲をながめてすごし、午後が夕方に変わっていこうとしている時間にこの「あとがき」を書いたそうだ。
「あとがき」というふうになっているけれども、私にとっては、「あとがき」という名のエッセイのひとつに思えるぐらいだ。

b0127073_1441331.jpg


この中に書かれている話はどれも素晴しい。どれも感銘をうける。どれかをひとつあげてくださいと言われても困るので、トランプのカードを一枚抜くようにページを開き、ひとつだけ選んでみた。
そのページは「コンドルは滑空していく」というタイトルだった。
『ぼくはコンドルという鳥に、すこし興味を持ってしまった。』という出だしで始まるエッセイなのだが、これを読んでしまうと、「私はコンドルという鳥に、ひじょうに興味を持ってしまった。」と言わざるをえないくらい引き込まれてしまう。
去年たまたまアマチュアのフォルクローレを聴いたのだが、その時に演奏で使っていたケーナはコンドルの主翼の骨で作られていたのだと今さらながらに気づいた。私は「コンドルは飛んで行く」という曲が心が揺さぶられるくらい大好きで、いつも聴くたびにぼうぜんとなるくらいなのに迂闊だった。自分の迂闊さを少しでも取り戻すために、数百万年も昔からすこしも変化していないというコンドルの骨でできたケーナを吹いてみたいという衝動がわきおこってしまった。

● 2005/4/27に書いたが、2018/8/31に、Moreをあらためて追加。


More
[PR]
by space_tsuu | 2018-08-31 00:00 | 赤い背表紙(エッセイ)

花なら紅く

「良きデザインとしての女性の体、なかでも胸のふくらみに関する、形而上的な熱意を表現した文章集」と小津安二郎監督の名作映画、三作のなかで原節子が演じた「紀子さん」をめぐる、対話による謎解きという二つの小説でなりたっているのが、この『花なら紅く』だ。

さて、何について書こうかと思って手にした本がこの『花なら紅く』だった。表紙の写真にはAUGUSTの文字があるではないか。

書くなら今がちょうどいい。

読んでみると、時代背景、開放と閉鎖、カラーとモノクロ、胸とおしりなど、対照的な内容の二編なのだが、それについての福島礼子さんの解説が素晴らしい。

いくつか抜粋してみよう。


b0127073_14460991.png


「片岡氏はまるで魔法の薬でもつかったように、このような様々な性の舞台から、リアルな吐息や汗をカットする。そこに展開されるのは身体と性の美しさだけが、シルエットのようにうかびあがった透明な世界なのである。」


「『胸のふくらみがこう語った』を性を開花させる陽の物語とすれば、あとの小説『紀子が三人いた夏』は、陰の花として限定された狭い性をいきねばならなかった女性たちの物語である。」


「本当のエロティシズムは、博物館のように知識として身体を見る(知る)ということではない。また好奇のまなざしで陵辱することでもない。 異質の性をテンションをぎりぎりまでたかめて、まなざしという愛撫を行使すること、肉体の形象の美しさを堪能し、互いに許容しながら体温を感じあうことだという示唆を、片岡氏はまったくあい反する二つの小説を並列させることで、私たちのまえに、そっと提示しているのだ」


それと、私がこの小説で知ることができたのが、「エディプス・コンプレックス」というフロイトによる精神分析の概念だ。

片岡さんは、やはりいろんな分野にアンテナを伸ばしている人なんだと、あらためて思った。



More
[PR]
by space_tsuu | 2018-08-29 00:01 | 赤い背表紙(短編)

ブックストアで待ちあわせ

鮮やかなブルーと白がさわやかな夏を感じさせてくれる鈴木英人さんの表紙が素敵な一冊だ。

表紙にある本屋さんの名前は「BLUE SAILS STATIONERS」とある。

左側には一台のオープンカーが停まっている。

最初のエッセイに登場するブックストアの説明と同じようだから、この本屋さんは実在していたのだろう。

本屋さんの店主は白髪の上品な初老の女性が、ひとりできりまわしていた、とある。

この本が出たのが1983年の10月20日だから、もう35年も前だ。

まだあるのなら行ってみたいが、どうだろう。


b0127073_11100079.png



この『ブックストアで待ち合わせ』という本は、雑誌『ポパイ』に連載していた記事のうち、アメリカの本について書いたものだけを抜き出して一冊にまとめたものなのだそうだ。

それぞれに白黒写真で紹介した本の写真が載せられているほか、本の真ん中には数ページカラー写真もある。

ジャンルも多岐にわたるし、今読んでもじゅうぶん楽しめそうな本ばかりだ。

ブログに書くためのメモを書き出しながら、あらためてそれらをじっくりとながめてしまった。


b0127073_11122210.png

b0127073_11130369.png

本の後に書かれているこの本の紹介文を載せておこう。

「大都会の光と影をとらえた写真集、子供たちのためのベッドタイム・ストーリーズ、サーフィン・サウンドについてのお勉強の本、アウトドア遊びの教典、フォルクスワーゲンを元気にしておくための本、カウボーイ・ブーツ物語、ホッパーの画集、1950年代の映画スターたちのポートレート集・・・・・・。とっておきのアメリカの本の数々をカラー写真も交えて紹介する。魅力あふれるエッセイ。ほんとうのアメリカを知るための楽しく愉快な本でいっぱいの本。」


b0127073_11130871.png
b0127073_11125756.png


リトル・ゴールデン・ブックスについては、片岡さんのエッセイを読んでから何冊か買ったことがある。

本棚のどこかにあるはずだから、探し出して、片岡さんの言うように、それらで英語の勉強をしてみようか。

英語の勉強というと、この本の中で紹介されている『WORD POWER MADE EASY』という本を買ってみた。

片岡さんが高校生のときにくりかえし勉強したという2冊のうちの1冊だ。学び終えたとき、学びはじめるまえの自分とはまったく別の人になったようなうれしい実感をもった、と書いてある。

Kindle版で買ったので、いつでもふとした時に勉強することができる。

私はまだ途中だけれど、読み終えたときに、そんな嬉しい感覚を味わえるのだと思うと楽しくなってくる。



More
[PR]
by space_tsuu | 2018-08-24 00:01 | ハードカバー